ココナッツオイルは敏感肌にどう?使い方と効果まとめ

このページでは、ココナッツオイルが敏感肌のスキンケアに使えるのか。

 

また、実際に使う場合にどういった使い方や注意点があるのかといった点と効果についても一緒に見て行きたいと思います。

 

まず、結論からお話すると、敏感肌のスキンケアにココナッツオイルを使っている方はたくさんおられます。

 

また、敏感肌の原因が“肌の乾燥”であるため、蒸発せずに中鎖脂肪酸やラウリン酸(母乳に含まれる成分)で肌の表面に油膜を作ってあげることは敏感肌のスキンケアにとても有効と言われています。

 

もちろん、肌質に個人差があるため、まずはパッチテストを行ってから本格的に使うかどうかを決めるのが良いと言えます。

 

しかしながら、ヴァセリンやユースキン、ニベアなどのクリームで敏感肌解消に効果が実感できなかった方は
ココナッツオイルを試してみる価値があるのではないかと思います。

 

敏感肌は、肌のバリア機能が低下してしまう肌の乾燥が原因でほんの少しの刺激にでも、赤みが出たり、ブツブツが出来たり、かゆくなったりしてしまう症状です。

 

ココナッツオイルは、ミランダ・カーさんやローラちゃんなどの一流モデルもスキンケアや美容に使っています。
肌に塗っても、食べても、飲んでも良しという万能性がココナッツオイルの魅力ですね。

そもそも敏感肌とは

敏感肌は、先ほども触れましたが、そもそも肌の乾燥が根本原因です。

 

実際に、敏感肌に悩まされている方は、基本的に肌の乾燥に苦しんでおられます。

 

特に、季節的に肌が乾燥しやすい秋や冬は敏感肌の方のスキンケアコスメが人気になります。

 

また、夏の紫外線にも敏感に反応して、赤みやかゆみ、ブツブツなどが出るため、日焼け止めも人気になります。

 

敏感肌の症状が悪化してしまうと、掻きむしったり、壊したりしてしまうため浸出液が出たりしてしまうアトピーになってしまう方も。

 

そういった、敏感肌の悩みを改善してくれるかも知れないのがココナッツオイルなんですよ。

ココナッツオイルの特徴と効果は?

ココナッツオイルは、敏感肌の方にとって救世主になってくれるかも知れません。

 

というのも、スキンケアのココナッツオイルの特徴と効果は

 

  • 25度以上で水のようにサラサラになる浸透性の高さ
  • 200度近い温度でも蒸発しないオイルで殺菌・抗菌性能が高い
  • ビタミンEも摂れるため血行促進でターンオーバーのリズムを整える

 

このような特徴と効果があります。

 

先ほど、ミランダ・カーさんやローラちゃんも実際に使っているとご紹介しましたが、具体的には

 

  • 肌に直接塗る
  • オイルプリング
  • 毎朝小さじ1杯飲む
  • ドライブラッシングの後にココナッツオイルを塗ってから入浴

 

といったような使い方をされているそうです。

 

特にミランダ・カーさんは、まるでお子さんがいるなんて信じられないくらいのツルツルでキレイな肌を保っていますよね。

 

彼女も妊娠中は、ホルモンバランスで肌がカサついたりしていたはずなんですけど、そんな時期があったなんて信じられないほどです。

 

効果の感じ方は個人差があると思いますが、ココナッツオイルはオーガニックで低刺激でもあるので、敏感肌のスキンケアにはおすすめなんですよ。