ココナッツオイルでニキビ改善!効果の仕組み暴露

ココナッツオイルはニキビの改善に効果的と言われているのをご存じでしょうか。

 

ですが、ただ『ココナッツオイルはニキビに良いらしい』なんて言われても、本当に悩んでいる人達からしてみれば、どうせステマなんでしょ・・・と疑いたくなるのも当然です。

 

そこで、このページでは、ココナッツオイルのニキビ改善への効果の仕組みや使い方やコツをまとめてみました。

 

ニキビとひとことで言っても、顔に出来るニキビとデコルテや背中に出来るニキビは原因になる菌が違うというのはご存じですか?

 

ニキビを改善するには、まずはニキビの仕組みを知る必要があります。
ですが、あんまり『こむずかしい理屈』を並べられると却って混乱してしまうのでシンプルに絞ってご紹介します。

ニキビの原因ってなによ?

ニキビは皮膚尋常性挫傷(ひふじんじょうせいざしょう)という病気のひとつです。

 

その原因は、ひとことでシンプルに言えば『肌の常在菌のバランスの乱れが皮脂とターンオーバーと絡んで起こる』ということです。

 

この、肌のターンオーバーサイクルや皮脂の過剰分泌ですが、
そもそもなぜターンオーバーや皮脂分泌の乱れが起こるのか
という根本原因が、肌の表面に常にいる菌である『常在菌のバランス』なんです。

 

肌に免疫力を植え付けるには、表皮ブドウ球菌やアクネ菌、マラセチア菌といった常在菌のバランスを整える必要があります。

 

そのバランスを整えるには、外部からの紫外線刺激や皮脂の酸化、手で触ってしまった時に付いた雑菌などの要素に負けないことが必要なんです。

 

アクネ菌やマラセチア菌というのは、雑菌が入り込んでくると表皮ブドウ球菌(これが善玉菌です)を押しのけて悪玉菌になってしまうんですよ。

 

そうなると、毛穴の中に悪玉菌になってしまったアクネ菌やマラセチア菌と雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまいます。

 

もちろん、皮脂の出過ぎやターンオーバーの乱れが病気が原因で起こっている場合もありますが、なにも問題がない健常者の場合、これがニキビの原因になるんですね。

ココナッツオイルのラウリン酸が美肌菌に導く

ココナッツオイルには、『ラウリン酸』という成分が含まれています。

 

このラウリン酸とは、赤ちゃんに免疫力を与える母乳に含まれる成分なんですよ。

 

また、ラウリン酸は、お茶に含まれているカテキンなどと同じように殺菌・抗菌作用があるため、雑菌を退治してくれるというわけです。

 

先ほど、ニキビの原因が表皮の常在菌のバランスが外部刺激や雑菌のせいで崩れてしまうことがニキビの原因と言いましたが、
ココナッツオイルのラウリン酸は赤ちゃんに免疫力を植え付けるのと同じ働きで、肌の免疫力をあげてくれます。

 

それと同時に、前述の通りの殺菌・抗菌効果で雑菌の必要以上の繁殖を防ぐ事が出来るので、ニキビ改善に効果的と言われているんですね。

ニキビ改善のためのココナッツオイルの使い方

ニキビ改善のためのココナッツオイルの使い方は、身体と顔で違ってきます。

 

顔の場合は、洗顔を弱酸性の洗顔料をフワフワに泡立てて、その泡で洗ってあげて下さい。

 

その直後に、ココナッツオイルを化粧水代わりに指先に取りながらちょんちょん肌に置いて、それから薄めに広げてあげて下さい。

 

顔以外の肌の場合は、お風呂に入る前にドライ・ブラッシングで肌表面の古くなった角質層を軽く落としてあげます。

 

次に、ココナッツオイルをニキビが気になる場所(デコルテや背中、腕など)に手で薄めに塗り広げてあげて下さい。

 

そのまま、少しだけココナッツオイルの成分が浸透するまで(大体1〜2分くらい)待ってあげて、それから普通にお風呂に入って下さい。

 

お風呂上りにも、保湿オイル代わりにココナッツオイルを塗ってあげると、さらに効果的ですよ♪

 

ココナッツオイルはミランダ・カーさんやポストミランダと呼び声も高いテイラー・スイフト、ジェシカ・アルバなどの海外セレブや一流モデル。

 

日本でもローラちゃんや道端アンジェリカ、山田優ちゃんや吉川ひなのちゃんなど有名芸能人や一流モデルが愛用しています。

 

ダイエット効果や美肌効果、免疫力をあげてくれる健康効果、便秘解消、腸内環境改善など様々な効果があることが話題になっている魔法のオイルです。

 

顔もそれ以外の身体でニキビが気になるところも、ココナッツオイルで保湿しながらスキンケアをしてあげることで、ニキビの改善と繰り返しの再発予防にもなりますよ♪