肌をキレイにするココナッツオイル効果がスゴイ!使い方・選び方特集

ココナッツオイルを素肌に使って美肌をGETするコツ特集!

「ココナッツオイルは美肌に効果が見られるって耳にするけれど、どういう風にして活用することになれば正しいのかな?」

 

興味があるけど、せっかくならちゃんとした使い方を知りたい!
また、ちゃんとした使い方を知ったら、わたしにとってココナッツオイルがいちばん良いのか知りたい!

 

などなど、疑問が出て来るのは当然です。

 

もしあなたが、そんな風に考えておられるなら、このサイトを参考にしてみてくださいね♪

 

ココナッツオイルは、直接召し上がっても肌に塗っても美肌に効果が高い一品で、ミランダ・カーさんや日本でもローラさんを始めとして多くの一流モデルや芸能人が使っています。
そんなココナッツオイルですから、せっかく使うなら最高の効果を出させたいですよね。

 

それには、ココナッツオイルのことをもっと知りたいですし、使い方だってより良いものをと思うのは当然ですよね。

 

そこでこのサイトでは、ココナッツオイルの信じられないほどの美肌効果のほどとスキンケア効果が見込める活用方法に関してご案内させていただきます♪

 

おすすめのエキストラヴァージンココナッツオイル

 

みなさんはココナッツに美肌効果やアンチエイジング効果があるのを聞いた事があるでしょうか。
ココナッツは、ココナッツオイルで注目されているのですが、実はスキンケアとしてもとても優秀な成分がふんだんに配合されているんです!

 

肌に塗る方法や食事としてココナッツオイルを使った場合に肌への効果など、いろいろな角度からココナッツオイルを解析したいと思います。

  1. ココナッツオイルってそもそもなに?
  2. ココナッツオイルの美肌威力
  3. 美肌をつくる!ココナッツオイルの活用方法
  4. 肌に活用するココナッツオイルのチョイスの仕方
  5. まとめ

揺るぎない徹底したクオリティコントロールを遵守して、コールドプレス法(低温圧搾法)で丁寧に抜き出した100%の無添加天然ピュアオイルです。

 

ココナッツオイルってそもそもどんなオイル?

肌を美しくするために使いたいココナッツオイルは“エキストラヴァージンココナッツオイル”です。

 

ココナッツオイルとは太平洋の島々はもとよりアジアやアフリカ、中南米などの熱帯地方で作られたミネラルがたっぷりなヤシの実から生み出される油脂のことを指し示します。

 

ヤシの実の白い果実の部分を擦り下ろして、ゆっくり絞りながら、煮詰めてアクを取り除いたもの。

 

ココナッツオイルには美肌の素がもたらされる栄養成分がたっぷり詰まっており、高レベルな美容効果が発揮されるでしょう。

 

ココナッツオイルの美肌効果のほどは?

『ココナッツオイルの美肌効果』とひとことに言っても、その効果はいくつかの要素に分けることができるようです。
それをひとつずつ見て行きたいと思います。

@肌トラブルの防止効果

ココナッツオイルに含まれる食物繊維には腸内環境条件を調節する効果を発揮します。

 

腸内環境条件が整理されると、カラダの内側に目詰まりした肌トラブルの引き金となるファクターにもなる不純物が体の外に排出されるため、必然的に肌トラブルの防衛を実施することが可能なのです。

 

さらに、ココナッツオイルに含まれる「ラウリン酸」も肌の赤みを食い止める抗炎症作用や抗菌効果が期待できるため、食物繊維と並行して肌トラブルの防止とメンテナンスを体感出来るはず♪

 

吹き出物やくすみ、しわ、シミなどの様々な肌トラブルに最適なアプローチ方法が採れるのがココナッツオイルの良い点ではないかと思います。

 

使い方は、肌に直接塗って保湿したり、頭皮クレンジングを行って顔の肌と一枚でつながっている頭皮の汚れを落としてあげたり、先ほどのように食べたり飲んだりする事で身体の内側からのスキンケア感覚での使い方もあります。

 

使い方は様々ですが、どんな方法を採っても効果が期待出来るココナッツオイルは、魔法のアイテムと言えるかも知れませんね♪

A保湿効果

ココナッツオイルに含まれる「ビタミンE」には皮膚の乾燥を防ぎながら高いうるおい維持を行なう働きを示してくれます。

 

また、「ビタミンE」は肌への浸透力がよく、水分量が減って強張ってしまった肌をしなやかにする効き目が付きものであるので、肌奥の角質層までモイスチュア成分を届けることができます。

 

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は食べる事で脂肪分解をしてくれますが、スキンケアとして塗る事で肌細胞の代謝を促進してくれるんですよ。

Bアンチエイジング

ココナッツオイルに含まれている「中鎖脂肪酸」は、肌代謝サイクルを後押しして現時点での肌トラブルをリメイクする働きを示してくれます。

 

また、ココナッツオイルに含まれる天然の抗酸化成分「ビタミンE」と「ポリフェノール」が肌の細胞を劣化させてしまう「活性酸素」を還元して元の身体に必要な酸素に戻します。

 

「活性酸素」とは肌が紫外線やストレスなどの刺激を感じると出現してくる肌の細胞にダメージを与える物質で、「活性酸素」が増加することで肌の黒ずんだ部分やシミシワ等のさまざまな肌の問題を生じさせます。

 

「ビタミンE」には、この「活性酸素」を防ぐ抗酸化作用があるのです。

 

美肌のためのココナッツオイルの活用法

 

美肌へのアプローチにはスキンケア

美肌に対してのアプローチにはココナッツオイルを利用したスキンケアが効果的です。

 

それは、元々ココナッツオイルの成分自体が素肌からの吸収率が高いため、食べるのと比較してダイレクトに肌のお手入れの中に組み入れたほうが、効果の体感をスピーディーに得られやすいからです。

 

ココナッツオイルそのものの『オイルとしての保湿効果』はもちろんですけど、ココナッツオイルの中に含まれる中鎖脂肪酸とラウリン酸が免疫力をUPしてくれる効果が大きいようです。

 

免疫力が高まれば、肌の自己再生力も高まりますし、そうなれば『強い肌』になるんですね。

 

ちなみにココナッツオイルの原産地としてもっともクオリティの高い産地と言われているフィリピンやスリランカでは、昔から民間療法として、虫刺されやヤケドにココナッツオイルを塗っていたんだそうです。

 

どんな傷も立ち処に治してしまう『ガマの油』なんて日本のオリジナルですけど、ココナッツオイルは向こうではそのくらい価値があるものというイメージなんでしょうね。笑

 

ココナッツオイルの性質とスキンケアの相性

ココナッツオイルは25度以上で液体になり、25度以下で固まってしまう性質があります。

 

スキンケアとして使用する際は、ココナッツオイルを事前にひと肌程度に温めて液体状にしておくようにしてください。

 

(アレルギーの症例は報告されていませんが、特に肌が敏感な方はパッチテストを腕などで行う事をお勧めします。)

 

では、具体的にココナッツオイルを採り入れたスキンケア方法をひとつずつ見て行きましょう♪

化粧水の前にブースターオイルとして塗る

クレンジングと洗顔を行った後、タオルで軽くふき取った状態の肌にココナッツオイルを1〜2滴ほど塗り込みます。
すると肌がしなやかになり、肌全体がもっちりとうるおいます。

 

また、その後に用意している化粧水や乳液の浸み込みもアップします。

 

化粧水の浸透度合いはスキンケアの「土台」を支えるものなので、それを上げられるのは嬉しいポイントです♪

ココナッツオイルで頭皮クレンジング

ココナッツオイルの保湿効果で頭皮のうるおいを逃さないようにしながら、油同士は馴染みやすいという“乳化の性質”を利用したスカルプケアです。

 

頭皮の毛穴に詰まった“皮脂汚れ”はホコリ汚れや空気中の雑菌と混ざり合って頭皮の匂いの原因になりますし、毛穴に酸化して固くなった皮脂汚れが詰まっていると薄毛や抜け毛の原因に。

 

やり方は簡単で、お風呂のシャワーを浴びる前(髪が濡れる前ですね。)にココナッツオイルを指先に少しずつ取ってあげて、頭皮の分け目からつむじ、そしてサイドに向かって頭皮をマッサージしてあげるだけです。

 

頭皮の汚れがすっきり落ちれば、フケやかゆみの予防になりますし、先ほどの薄毛や抜け毛の予防と改善、さらには頭皮の免疫力強化で健康で柔らかくうるおいがある頭皮なら同じ一枚の皮膚でつながっている顔の肌のハリがUPするんですよ♪

 

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は頭皮の老化につながる“糖化”を抑える事が出来ますし、さらにラウリン酸の働きが殺菌と抗菌効果も期待出来るので、頭皮の匂いケアには最適です♪

 

こうやってココナッツオイルの成分と効果をみて行くと、頭皮クレンジングにはぴったりな事が分かります。

 

ですが、ひとつだけ注意点があって、あまり多い頻度(例えば毎日とか)で頭皮クレンジングを行うと、ちゃんとした本来の皮脂膜が出来上がる妨げになってしまう事も考えられます。
ですので、頻度は週一回か多くても週二回程度に抑えるのがベストではないでしょうか。

 

マッサージオイルとしての使い方

血の巡りを活性化させるフェイスマッサージをすると肌の血行が良くなって
化粧水の吸収が良くなりますよ♪

 

@クレンジングと洗顔を行った後、タオルで軽くふき取った状態の肌(顔〜デコルテ)にココナッツオイルを5〜6滴を手に取り、Tゾーンや頬、顎周りに馴染ませます。

 

A次に人差し指中指薬指の3本の指の腹を使って、あご⇒頬⇒目の周り⇒おでこの順番で、下から上に軽い気持ちで持ちあげるようにマッサージを行います。

 

B 後に耳の後ろの方から鎖骨にかけて、やや強めにリンパに沿って押し流します。ただしここで注意が必要な点があります。

 

普通の美容液などのオイルと違って抗酸化物質や中鎖脂肪酸を含んでいるココナッツオイルは、
肌表面から毛細血管の血流を改善出来る効果も期待出来るので、
かっさプレートなどを使う時は力を入れ過ぎないようにするのが大切です。

 

良く、リンパマッサージをする時に『痛気持ちいいくらい』が、ちょうど良いと言われていますが、ココナッツオイルを使ってマッサージをするなら『痛い気持ちいのちょっと手前』くらいでやってみて下さい。

 

C少しの間ぬるま湯で洗い流しさえすればフィニッシュです。

 

3−3.ベーシックな美肌ケアには食事としての摂取もGood

 

美肌へのアプローチは、スキンケアとして取り入れる方法が最も効果的ですが、基礎的な美肌ケアにはボディインナー(食事)からの摂り入れるのも効果を見せてくれます。

 

それは、食事として採用するよう心掛ければココナッツオイルが肌の代謝を促進させながら細胞を生成する美肌ケアのサポートを行う事が期待できるからです。

 

摂り込むケースでは1日コーヒースプーン3杯ぐらいを基準にして摂りいれて行った方が良いでしょう。

 

ココナッツオイルの美肌効果|食事編

ココナッツオイルは、口にする使い方でも美肌を実現する力になるミネラルがたっぷり摂れるんです。

 

ヴィクトリアシークレットの12人のうちの一人でもあるミランダ・カーが、毎朝ココナッツオイルをティースプーン1杯分を口に含んでクチュクチュするオイルプリングで表情筋も鍛えつつ
もう1杯を直接たべてココナッツオイルに含まれるラウリン酸で身体の内側からスキンケア効果を狙って使いこなしているのはご存じの方も多いと思います。

 

ただし、彼女は4歳の頃から今現在も30年近くそれを続けていて、もはや『生活の一部』と言えるくらいに溶け込んでいます。
ですが、そのやり方はココナッツオイル特有のクセ(無味・無臭だからこそのクセです)もあり、初心者のわたし達にとってはハードルが高め。
そこで、別の使い方の身体の内側からのスキンケアを見て行きたいと思います。

加熱調理の油として

ココナッツオイルは加熱にも非常に強く、200℃までは成分が壊れません。

 

そのため、加熱調理の油としても何の問題もなく美容健康効果をキープすることができます。

 

例としてはココナッツパンケーキが

ココナッツオイルを素肌に使って美肌をGETするコツ特集!

 

■食材として
ココナッツオイルは、食べ物としてミックスして吸収することも難しくありません。

 

ココナッツオイルをパンケーキ生地混ぜることで、全体がふんわりとした甘い香りになります。

 

例)チアシードとココナッツオイルのベーグル

 

ココナッツオイルを素肌に使って美肌をGETするコツ特集!

 

■飲み物のフレーバーとして
ココナッツオイルはコーヒーや紅茶のフレーバーオイルとしても使用できます。

 

入れる量はお好みで問題ありませんが大さじ1杯程度がほんのりココナッツの風味がして美味しく摂取する事ができます。

 

油が浮くので、見た目的にイヤな感じがする方もおられるかも知れませんが、なかなか甘い香りが心地いいです♪

 

しかも、飲んだ後にそのまま拭かずにリップケアになってしまいます。ぷるっぷるのツヤ唇になりますよ♪

 

ココナッツオイルを素肌に使って美肌をGETするコツ特集!

 

■食べ物のトッピングとして
ココナッツオイルは食事メニューのトッピングとして使用することもできます。

 

独特の甘さがあるので、比較的甘さのあるデザートとの相性が良く、デザートのトッピングとしての摂り入れるのがおすすめです。

 

バナナはマグネシウムも補給出来るので、生理のイライラを鎮めてくれますし、ココナッツオイルの甘い香りと相性バツグン!季節によっては写真のように栗を乗せたりしても良いですね♪

 

ココナッツオイルを素肌に使って美肌をGETするコツ特集!

 

C 肌に使うココナッツオイルの選び方

 

ココナッツオイルにもいくつか種類がありますが、質の良いココナッツオイルを選ぶポイントは次の通りです。

 

C-1 食用かスキンケア用かを選ぶ

 

ココナッツオイルには、現在「食用」のものと「スキンケア用」のものが存在します。

 

食用のココナッツオイルをスキンケアに取り入れても問題はありませんが、食用オイルも化粧品用オイルもそれぞれの効果を最大限に引き出すための処方となっているので、摂取方法に合わせて使い分けた方がより高い効果を実感できます。

 

「食用」か「化粧品スキンケア用」かは、パッケージの裏に表示がされているので、購入する際は確認しましょう。

 

海外からの輸入品である事がほとんどで、表示のマークが統一されておらず、分かりにくい場合も。

 

なので、フィリピン産、オーストラリア産など、“的を絞って”事前にマークを調べておくと良いかも知れません。

 

<食用と化粧品用の違い>

 

■食用のココナッツオイル
食用につくられたココナッツオイルは香りや風味を残すために、ある程度の不純物を残しています。

 

(これが食用のココナッツオイルは“無精製”と言われる部分です。)

 

ですが、その一方で食用のココナッツオイルはラウリン酸の含有量が多く、抗菌作用が高いので、肌荒れ予防やアトピー対策には最適です。

 

ただし、スキンケアとして肌に塗る前に腕の目立たないところなどに塗ってパッチテストを行った方が無難です。

 

というのも、非精製のココナッツオイルは不純物もわずかながら含んでいるので、いきなり塗るとそれが刺激になってしまって、赤みやかゆみ腫れなどが起こる可能性もわずかながらあるからです。

 

二の腕の内側など目立たないところに小指の先程度の微量を塗って24時間放置して肌に変化がなければ食用ココナッツオイルを使っても問題ありません。

 

もし少しでも赤みなどの変化が現れるようなら、万が一のことを考えて化粧品用となっているものを選んだ方が良いでしょう。

 

■化粧品用のココナッツオイル
化粧品用のオイルは皮膚に塗ることを前提として作られているため、刺激になる可能性のある不純物を取り除いたものとなっています。

 

香りなどは食用に劣りますが、食用よりも肌への刺激はありません。

 

ただし、食用に比べるとラウリン酸や中鎖脂肪酸の含有量も減ってしまい、抗酸化力も若干弱い事はお忘れなく。

 

マラソン中全品ポイント5倍ブラウンシュガーファースト有機エキストラヴァージンココナッツオイル425g【ココナッツオイル】【ヤシ油】【認知症】【ダイエット】

価格:1,695円
(2015/10/1312:46時点)
感想(19件)

 

C-2 質の高いココナッツオイルを選ぶ

 

質の高いココナッツオイルを選ぶポイントは、次の通りです。先に食用か化粧品用かを選んだうえで、これらを意識して選んでくださいね。

 

@抽出方法が、「低温圧搾(コールドプレス)」のものを選ぶ
ココナッツオイルの抽出には、「低温圧搾(コールドプレス)」が最も理想的です。

 

それは「低温圧搾(コールドプレス)」だと、ココナッツの果肉自体に熱を加えず、じっくり圧力をかけてオイルミルク水が混ざった原液を搾り取るため栄養価が高いからです。

 

C-3 「オーガニック認証」を受けているものを選ぶ

 

ココナッツオイルを選ぶ際は化学成分や添加物が配合されていない「オーガニック認証」を受けているブランドにしましょう。

 

ちなみにヨーロッパからの輸入品の場合は「エコサート」がオーガニック認定の代わりになります。

 

ココナッツオイルは特徴的な色や香りを薄くするために加工を行う事があります。

 

しかし、その加工を行う際、化学成分や添加物を使う企業も存在するため、その製品を避けるためにも「オーガニックマーク」のあるココナッツオイルを選ぶ必要があるのです。

 

【食用のおすすめココナッツオイル】

  • エキストラヴァージンココナッツオイル

エキストラヴァージンココナッツオイルを食用でおすすめする理由は、コールドプレス製法で絞られたオイルには、身体の内側からスキンケア出来るような栄養素やミネラルがたっぷり詰まっているからです。
しかしながらコストコやドンキホーテなどディスカウント型の大手物流販売店舗では、在庫管理の都合から加熱殺菌された劣化しにくいココナッツオイルが並んでいる事が多く、そういった意味で『本当のエキストラヴァージンココナッツオイル』には巡り会えない可能性もあります。
もし、ご近所のそういったショップ店舗でココナッツオイルを探してみて、エキストラヴァージンココナッツオイルが見つからなかった場合は、通販で購入すると良いでしょう。
どちらにしても、今はココナッツオイルがブームになっているだけに、加熱殺菌済みの本物ではないオイルを『エキストラヴァージンココナッツオイル』として堂々と販売している業者もいます。

 

信頼できる製造法のココナッツオイルについてご紹介しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ココナッツオイルの生成方法の違い

 

【化粧品用のおすすめココナッツオイル】

  • オーガニックココナッツオイル

肌に直接塗るココナッツオイルにオーガニックココナッツオイルをおすすめする理由は、エキストラよりは精製度合が深く、他人によってはアレルゲンになってしまう可能性もあるココナッツオイルの『香り成分』が取り除かれているからです。

 

ホールカーネルから中身の白い部分を取り出して、低温圧搾で絞り出されるところまでは同じなのですが、加熱殺菌されてるために肌への刺激が少なく、初めてココナッツオイルを使うという方でも安心して使うことが出来ます。ただし、『ただのココナッツオイル』はいけません。加熱殺菌はオーガニックココナッツオイルとく変わりませんが、オーガニック(無農薬有機栽培)ではないため、そもそもの原料であるココナッツの質が全然違います。

 

5.まとめ

 

ココナッツオイルは、塗っても食べても美肌効果が期待出来る万能美容アイテムです。ミランダ・カーさんが夢中になるのはそういった理由からです。

 

是非、毎日のスキンケアとして生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ぷるっぷるのリップやツヤツヤの美肌、スラっとしたスレンダーなプロポーションは、ココナッツオイルを上手に活かす事で掴めるチャンスになるんです。

 

今話題のココナッツオイルで、楽ちんな塗るだけ、食べるだけ美容を始めてみませんか♪